UA-114214487-1

2015年12月02日

偶然を必然として捉える力

昔からよく

物事をプラス思考に考える癖があったんです。

それをある時に知人に指摘された時に、

「それはとってもいいことだ」

と言われたし、「確かに」って思ったんです。


それまでは自分として意識してやってたわけでもなかったんですが

それからは意識して常にプラスに考えるようにしてました。


でも本当にその大切さや意味を理解できたのは

ここ最近。


これって

「偶然を必然のこととして捉えられる力」

なんですよね。


人間として成長するためには必ず持ち合わせてなければいけない

と思ってるんです。


何事も偶然に思うことは誰でもできる。


例えば足の小指をぶつけたとする。


その時に

「あっ、もしかしたらこれはなんかの合図かもしれないな」

と今携わってる仕事なんかでサポートのこととか考えずにとにかく突っ走って進行してるけど

痛い目を見るってことなのかな?

じゃあ、もっとサポートを見直して強制しなければいけない部分があったら直してみよう!

って、思えるわけです。

「小指をたまたまぶつけた」ってだけのこと「ですら」です。


これが「セレンディピティ」です。


物事を並行的に考えれば、

一つの知識や経験から、別のことに応用する考え方、

小指をぶつけただけなのに自分の事業や仕事、プライベートに

当てはめると

そういう警笛を鳴らしてくれているような風にも捉えられる。


生きていれば毎日いろんなことが起こります。

偶然のようで必然的なことが。


それを必然と捉えて自分の行動の基準やアイディアの断片にするのか?

それとも警笛として捉えるのか?


なんでもいいんだけど

それを「意味のあるものにする」ということが大切だと思うんです。


自分が生きていく中で感覚を研ぎ澄まして、アンテナを張って

敏感にいろんな細かいところに反応していけば

自分がいろーんなチャンスに恵まれてることに気づけると思います。


これは日々の意識だけで変えられることなんです。


物事って意識を変えるだけで

ガラッと見方や現状が変わったりします。


例えば僕なら

  自分のカットへの意識を変える。

  犬猫に対する接し方の意識を変える

  今いる環境への意識を変える

  毎日の通勤時間への意識を変える

  自分の服装について意識を変える

  自分の食器の洗い方について意識を変える

  洗濯物の干し方への意識を変える


これらをどういう意味を持って変えていくか?

っていうのを頭に入れておくだけで、

自分の人生の一つ一つの物事に意味を持たせることができる。


起きる時間、歩き方、呼吸にすら全てにおいて

意識を張りめぐらせることによって意味を持たせることができる。


すると、自分の生活の質が向上します。


なぜか?


自分が今まで意識していなかったところに意識が巡るからです。

自分の日々の考え、行動に意味が生まれるんです。


ひたすら意味のないことを何にも考えずにやっている人と、

何でもかんでも意味があるものだと捉えて、

「これはどんな意味があるんだろう?」

と考えている人と、


どっちの方が10年後、

意味のある人生を送れる人になりますかね?


当然ですよね。


つまり、一つ一つの事象に意味を持たせることで

軌道修正の必要っていうのが出てきます。

軌道修正ってなんのためにするかって

向上のためですよね。


その向上のために軌道修正を続けていったら

毎日何かしら小さいことでも起こっていく中で

軌道修正をしていくことになるんですよ。


だから差が出て当然だと思うんです。


人に影響を与えられるような人って

人としての器、格、雰囲気、オーラっていうのをこうやって

日々、コツコツ築いてるんだと思います。


それを理解した上で、

その起こった物事に関してプラス思考であれたら、

さらに良いことなんじゃないかと。



そう思った1日でした^^



0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_l.jpg





posted by うえぽん at 00:06| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。