UA-114214487-1

2015年05月01日

外でしかトイレをしない犬の原因と改善策

こんばんは!
うえぽんです^^

今回は「外でしかトイレをしない犬の原因と改善策 」というのをお伝えさせていただきます^^

実はうちのセラくんが散歩の時しかトイレをしてくれず、
僕の帰りが遅くなったりした時はずっと我慢してしまったり、
雨が降っている日なんかも室内でトイレをしてくれないので、
ビショビショになりながら散歩に行ったりしていたんですね。

しかし、それでは病気や怪我をしてしまって外にでられなかったり、
歳をとって足腰が弱くなって散歩に行けなくなったりした時にワンちゃんにとってすごく負担になります。

セラくんも今年7歳になったので来年からシニアです。

このままではいかん!!!!
と思って僕自身、セラくんのトイレトレーニングをやり直すことに決めました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

犬は、習性として、


・巣から離れたところで排泄をする

・巣は清潔を保つ


というのがあります。



そこに、飼い主様が『散歩=排泄』

としてくれたので、犬にとってメリットになっていたんです。



飼い主さんが定期的に散歩に連れて行ってくれる

⇒巣から遠くで排泄でき、巣もきれいを保てる

⇒外での排泄が多くなり、室内での排泄が減る

⇒外でしか排泄しなくなる

という具合です。


結果的に無意識に外で排泄するようにしつけてしまっていたということですね。


@声かけで排泄できるようにします。

まずは、外で排泄しているときに

「ワンツー、ワンツー」や「トイレ、トイレ」や

「シー、シー」などの決まった声かけをしてあげましょう。


 ワンちゃんの中で声かけと排泄をするということを関連付けてあげて、

声かけで排泄をができるようにしていきます。



A外で、トイレシーツの上で排泄できるようにします。

次に、外で排泄するときに排泄しそうになったら

トイレシーツを敷いて、トイレシーツの上で出来るようにしていきます。



このとき、出来るだけ家に近くで排泄させると、この後が楽になります。 

@とAは順番が逆になってもOKです。



Bだんだん家に近づけていき、室内で出来るようにする

声かけ&外でトイレシーツの上で出来るようになったら、

次はだんだん家に近づけていって

最後は室内の望むところで出来るようにします。



家の近くの道路⇒家の庭⇒玄関⇒室内

といった具合です。


室内でのトイレに成功したらすぐに!ご褒美としておやつをあげるのも効果的です^^


トイレのしつけは根気が大切です。

慌てないでじっくり行っていってください。

 僕とセラくんも気長に頑張っていきます^^


今回も最後までご購読いただきありがとうございます!







posted by うえぽん at 22:00| Comment(0) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。